【キーワード】定量発注方式

定量発注方式とは、発注する量は同じで、発注する期間が毎回異なる発注形式である。
在庫量が【発注点】を下回るときに、【経済的発注量】を発注することを目的とする。

【発注点】
リードタイム中の推定使用個数と安全在庫量の和


経済的発注量

・在庫総費用 = 発注費用 + 在庫維持費用
・一回当たりの発注量が増えるほど、一個あたりの発注費用は下がる。
・しかしながら一回当たりの発注量が増えると、在庫が増加するため、
 在庫維持費用が増加する。
・在庫総費用が最小となる発注量を「経済的発注量」という。
・以下の式で計算される。
 Q=√(2Rc/h)
 Q:経済的発注量
 R:1期あたりの所要量
 c:一回の発注費用
 h:1個1期あたりの保管費用

【技術士(経営工学部門)想定問題】
 定量発注方式の要点を説明せよ(H28年度)

この記事へのコメント